読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

應援團戦記

大学応援団の日々を綴るブログ…あなたの大切な思い出は何ですか?

敗戦の背中語り  - 野球応援 3 -

f:id:ina_1992:20160614193201j:plain

 

 もっと熱くなれ 

この日も快晴。陽射しはイニングを追って 強さを増します。コンクリートのスタンドからの放熱もきつい。

頭上と足元の両面から僕たちは焦がされています。毎日毎日、鉄板の上で焼かれている 泳げ たい◯き君 の気持ちを追体験。彼と僕らの違う点は、いやになったり、けんかして海に逃げ込んだりする訳にはいかない ことぐらいクソ暑い日に全身真っ黒な服装で汗をかきかき大声で怒鳴るんだから、この集団はやっぱりどうかしている。夏場に見る高校野球の応援団は、本当に偉いと思います。

 

試合は我が校が押され気味で推移していました。5回を終了したグラウンド整備時間に、リーダー部の総員集合がかけられました。一人一人の胸をどつき倒しながら、

『 お前ら、本当に勝たせる気があんのかッッッッ!』 

と檄が飛びます。僕の勢いも次第にすり減ってきました。でも漕艇場の反省を踏まえ、フンドシを締め直して臨んだ試合。相手校の応援団も見ている。恥ずかしい振舞いはできない。ぶっ倒れて怒られるなら望むところだと。

 

視界に入る同期の連中も だいぶ参っているのが分かります。たいやき君状態は僕だけじゃない。人の心配を出来る立場ではありませんが、『 頑張れよ…俺も必死でやるから  』そんな気持ちが頭をよぎる。僕の中での応援対象は野球部よりもむしろ、一緒に苦しむ同期に向けられていたかもしれない。それにしても、しゃきっとした上級生たちの体力は無尽蔵としか思えない。

 

 

 もれなく当たり付き

8回裏を迎えた頃、僕たちの応援スタンドへファールボールが高々と上がりました。打者はバットの先端で叩いたのでしょう。打球は大きな放物線を描きながら、同期の顔面めがけて飛来。彼はとっさにかわしたのですが、これがいけなかったようです。3年生の一人が憤怒の形相で ダダダっと駆け寄り、

『 バカ野郎、ファールをよけるんじゃぁないッッッッ!!!! 』

凄まじい剣幕で、思い切り同期の尻を蹴り上げました。何が起きたのか分からずによろめく同期。僕らは大学内で、大きな階段をスタンドに見立て野球応援の猛練習を重ねてきた。でも練習でファールは飛んでこない。知らなかっただけと言えば、それまでなのですが…。同期の彼は試合後に “ ファールボールにご注意下さい ” の放送が死ぬほど恥ずかしかったよ と言ってました。

弾道慣性の打球直撃 or 怒った先輩の本気キック、いずれか一つがもれなくプレゼントされるという理不尽な事態でした。 カレー味のウ〇コか、ウ〇コ味のカレーか…リアルにそんな選択を迫られる状況です。お食事中の方ごめんなさい。 

 

応援団では、分からないことはその場で教える。二度目はない。罵声を浴びせられたり、時には痛みを伴ったり。その度に下級生の僕らは凹みます…ですが怯んでいる暇はありません。

 

 

 敗戦の果てに 

結局試合には大敗し、僕らは撤収。初めての神宮は、初めての敗戦でした。全員で球場の外へ整列。俗に言う幹部の “ 総括 ” が始まるなとすぐに分かりました。当時、遅ればせながら読み始めた 名門! 多古西応援団 で見たことがあるぞと…あの漫画では東高の全員がフルスイングでぶん殴られていたことも、頭をよぎりました。団員とは言え、僕たちは新人。まだまだ団のことは分かっていない。ですが幹部の機嫌の悪さは伝わります。ええいままよと幹部の声に聞き入っていました。

団長が次戦での必勝を期する旨を告げた後、副団長が ボソボソっと何事かを3年生に指示します。その刹那、 拳立てヨーイ!の号令がかかりました。

早速始めた僕らですが、すぐに『 1年は止めぇ!』と言われました。開始30秒と経っていないのに。

 

後は延々と 2、3年生が苦悶する様子を見ていました。とてもとても長い時間に感じられました。そんな僕らのすぐ横を、野球部のスタンド観戦組がいそいそとバスに乗り込んで行きます。少数ですが、足を止めて僕らを見つめる補欠選手も。母校を勝利へ導くのが我々の務め。それが叶わなかった。勝敗にこだわる重みを、否応なく理解せざるを得なかった。それに引き替え、自分や同期の体力を心配していた僕の小ささ…。我々は何のための集団なのかを、ようやく考えさられました。

 

目の前には僕ら下級生に代わって、団としての任務を果たせなかった制裁を受ける上級生たち。一緒になって拳立てをやれたなら、或いは自分たちが殴られるのなら、まだ気持ちは軽くなったかもしれない。今はそれすらも許されず。地面に這いつくばる彼らの背中を前に、泣きたくなりました。

同期にキックを浴びせた3年の先輩に目をやると、2年生を鼓舞しつつ誰よりもでかい声で拳立ての数をカウントしている。

…この人達のようになりたい

ありがちな反省や無力感とは違う気持ちが、僕の中に湧き始めました。