読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

應援團戦記

大学応援団の日々を綴るブログ…あなたの大切な思い出は何ですか?

神宮の花とならん  - 野球応援 2 -

 

 戦雲にエールを 

その日、僕は初めて野球応援の場に立ちました。対戦校は今なお学生野球トップクラスに君臨する 亜細亜大学。相手にとって不足無しです。

 

準備が整った僕らは、客席後方の通路に整列待機。旗手もすでにスタンバイ済みです。座ぶとん上の幹部たちは、外野スコアボードの時計と、相手校の様子を交互に見つめています。僕らはそんな幹部の一挙手一投足を注視しています。首の後ろがじりじりする。試合直前の球場は、どこか重苦しさに支配されます。静けさの中、選手ベンチの話声や周囲の音が聞こえてくる…。この独特の空気感は、僕が幹部になった時にさえ感じ続けました。下級生時代には、あまり心地の良いものではありませんでした。

 

…張り詰めた空気を破るように、副団長の右手が上がりました。スタンド配置に入れの合図です。それに呼応して3年生の号令一下、所定の配置へ全速力で突入します。僕らを待っていたかの様に大団旗が上がり、旗の裾がはらりと地面を払う。一度は垂直に屹立したポールが、「 ぎっ 」ときしみ 少しだけ前方にしなる。その様子は何度見ても美しい。この瞬間を おかず にできるものなら、僕はご飯8杯は食べられる自信があります

 

三塁側相手校の先攻で校歌斉唱が始まりました。初めて聴く他大学の校歌。敵ながら戦意十分なことが伝わってきます。 

『 昔時、万里の長城にて唐軍将兵たちは 彼方に聞こゆる夷狄の唄に、血戦近しを感じ取つたと云ふ 』。…何やら 男塾の民明書房 にありそうなエピソードを即興創作してみました。そんな例えが似合う光景でした。

そして夷狄ならぬ 相手スタンドから送られた我が校の名前が、僕の耳にも届きました。他大応援団のはずなのに、心から感動しました。僕らはずっと誰かを応援をする練習をしていても、応援をされたことは無かったから。声援を送られる人の心に、初めて触れた気がしました。全力で答礼のエールをしたことは言う間でもありません。彼らも僕らも、思いは同じ。神宮の花なのだと。

 

 

 新入団員のひとり言 

前回の漕艇部の時とは異なり、応援そのものに戸惑うことはありませんでした。野球応援は、基本的に各イニングの攻撃時が中心。緊張は抜けないものの、攻守のメリハリがある。幹部たちは常に最良と思われるパターンを選択して指示を出します。試合の展開を掴めるか否かで、応援の舵取りもだいぶ変わってくるからです。チャンスになれば力が湧くし、ピンチとなれば祈るような気持ちで声を張り上げます。

しかしスタンド前列にいる上級生たちからは、僕らの動きは手に取るように分かります。流れに身を任せた誤魔化しの応援は通用しない。「 手ぇ抜くんじゃねー」「 拍手を揃えろ!」。いつもの声が飛び交い続けました。僕らは必死になることしか出来ない。今が練習なのか実戦なのか、分からなくなってしまう。

 

スタンドには僕らと同じ新入生の一般学生もいました。溶けるアイスを気にしつつ、物見遊山で彼女と野球観戦する者さえも。僕たちだって虎の子の様にかわいがられた日々もあったはずなのに…。いつかTVで見た、やられ役のような応援団下級生の姿。それが僕たちでした。

『 校歌すら覚えようとしない奴らの娯楽に終わらせてなるものか… 』

試合前半はまだ、そう思っていました。しかし案の定、僕ら1年坊の未熟さは見え見えに。無理もありません。入団間もない僕らは、体力もガッツも不十分なまま。消耗の度合いは見た目にも表れます。

顎が上がる → 大量の汗が目にしみて まばたきの回数が増える → 声が出ずに口がぱくぱく → メインリーダーの動きから完全に遅れる → 気力を奮ってやや回復 → やっぱり昏倒 

 

個人差はありますが、これら諸症状の間には 先輩方からの物理的ショック療法 が施されたり、試合よ 早く終われと願う症候群 も起こり得ます。後者に至っては団にあるまじき末期症状。自分でも最低極まる表現だと思います。しかし駆け出しの下級生はまだまだ人の子。僕自身、入団直後から完璧なハートの下級生は見たことがありません。心のどこかで抜け道をさがしてしまう事は責められない。言い訳なんですけどね…

 

“ 神宮の花 ” はいまだ遠く…試合は後半に向かいます。