読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

應援團戦記

大学応援団の日々を綴るブログ…あなたの大切な思い出は何ですか?

初陣に吹く熱風  - レガッタ応援 -

  f:id:ina_1992:20160530211329j:plain

 

漕艇部対校戦

 応援団の活動といえば 何を想像されますか? 大半の方が野球部の応援を挙げると思います。僕もそうでした。

 『 いやいや…、レスリング、相撲、バスケ、アイスホッケー、駅伝、ボクシングなんぞも行くでしょ 』

なんて思ったあなたは、大学応援団の経験者かもしれませんね。

 

…4月下旬ともなるとお客様扱いは過去の話。練習も厳しさを増すようになった頃、応援デビュー戦を告げられました。思いもよらない 漕艇部の応援 とのことでした。漕艇と言えば春先の早慶レガッタが有名ですが、この試合は大学4校の定期対校戦。少し白状するなら、他大の応援団が来たらエール交換もできるんじゃないかと、遠足気分すらあったと思います。

 

当日、会場は埼玉の戸田漕艇場。ここは幾つもの大学ボート部の艇庫が林立しています。浦和に住んでいた僕にとって、自宅から電車で約20分の場所でした。地元で初陣を飾る幸せ。しかし…早朝からはるばる大学の団室へ行き、怒鳴られながら重い荷物を背負って 戸田公園駅に着いた頃には、少し複雑な気分になったことを覚えています。いまだ娑婆っ気の塊みたいな団員でした。

 

 

 初見参の灼熱 】 

緑の広がる土手に、青い空。応援日和です。漕艇場の水際からわずか3m程の場所に我々は布陣しました。そして太陽が高くなった頃、我々の戦いは幕を開けました。

旗手の掛け声と共に12畳大の団旗がひるがえります。紫紺に白地で染め抜かれた校章を目にすると、嫌が応にも闘志が湧く。吹きつける強風も僕たちの初陣を演出してくれました。高校時代に感動した応援団…遂にその晴れ舞台に立ったのだと思うと、妙な感じもしました。

あいにく応援団は僕達のみ。憧れのエール交換はかなわなかったけど。団長の校歌、副団長による応援歌に始まり、時間と共に応援は熱気を帯びてゆきました。

 

僕らがいるのは選手たちのスタート地点から 300m以上離れた場所です。豆粒のような4艇が一斉に発進しますが、どれが我が校なのか判別はできません。しかし初めて見る漕艇は本当に速い。なかなか来ないと思っていると、あっという間に目の前を航過して行く。種目によっては、ゴールはさらに 1,000m以上先だったりもします。場内放送を頼りに、見えない選手たちへ応援を送る僕たち。僕ら下級生にできるのは、ひたすらメインリーダーの動きを追い続けることだけ。数レース繰り返す中、上腕が徐々に悲鳴を上げ始め、声もかすれて始めていました。

何せ学ランでの応援はこの日が初めて。汗を吸った学ランがこんなにも重く、体力を奪うものだとは思いませんでした。

 

気が付けば風向きも変わり、川べりの土草のにおいが顔をなでる…何とも言えない気持ち悪さや吐き気が突き上げます。初夏近い陽光も僕らを容赦しない。背中が尋常ならざる温度を記録しているのが分かります。身体中が熱くてたまらない。そして猛烈に喉が渇く。

「 先輩、喉が渇きまちた 」 などと口がさけても言えるはずない。眼前に広がる濃緑色の水までうらめしく思えてくる…漕艇場沿いを散歩していたおばちゃん2人組が、タオルで顔を拭きながらウマそうに おーいお茶 を飲んでいるのがやけに気になる。応援中じゃなかったら、本当に奪い取っていたかもしれません。

 

 

男は涙を見せぬもの 

実戦は練習での想像を超えた強烈な経験でした。恐るるべきは先輩方の罵声や修正だけじゃない、陽射しや風といった大自然の猛威( 大袈裟だが本気で思った )も僕らを苦しめます。暑苦しい僕らをよそに、軽快に通過する艇。その瞬間だけでもしっかりしなきゃと思いましたが…。

大会終了の校歌を終えた時には、安っぽい安堵感だけが残りました。そんな僕らの気持ちを、先輩連中は見抜いていたのでしょう。試合後に2、3年生からボコボコにやられました。「 応援をなめてんじゃねー 」 と。

晩春には稀な黄砂をはらんだ団旗をたたみながら、自分の駄目さ加減を いやと言うほど思い知った初陣。前日までは 来るなら来いの意気だったのに。夢に描いた感動なんぞは、遠い世界の出来事でした。団室に戻り機材を片付ける同期たちは、みんな無口のまま…。

 

全てが終わって家路につく時、駅のホームでこみ上げるものがありました。僕は大学で打ち込めるものを見つけた気になり、浮かれていただけなのだと気付きました。恥ずかしい話ですが、応援団を辞めることも真剣に考えました。

こんな辛いことを4年間も続けられるのか? 明日から私服の学生生活になったら、周囲はどんな目で見るだろう? 

…涙と鼻水がぼたぼた止まらない。電車を何本も見送っては、トイレで顔を洗わなければなりませんでした。

敗残兵のようになって帰宅した夜、生まれて初めて血尿を見ました。コカ・コーラみたいな色のやつが大量に出てきました。打ちのめされ、感じるものを得られた1日。生半可な覚悟と体力じゃ務まらないと。

 

…4後日、大学の学食を貸し切って入団式が行われました。

同期入団はリーダー部4名、チアリーダー部6名です。当時の全団員約 60名、部長先生や監督が見守る中、僕らは晴れて正式に入団を許されたのでした。