應援團戦記

大学応援団の日々を綴るブログ…あなたの大切な思い出は何ですか?

打倒日大  - 相撲応援 3 -

f:id:ina_1992:20160704211334j:plain

 

応援団の激突

開会式を終えると、18時まで続く長丁場が始まる。

午前中は個人戦。午後は5名1組の団体戦が行われます。

試合中はエールを除き、双方の応援団が同時に応援を展開。リーダー部だけの応援は、団としての地力が求められます。まさしく応援団同士の気迫のぶつかり合い。

まずは個人戦が始まり、我々にも出陣の時が訪れました。

 

我が校の個人戦 一番手は、学生横綱のタイトルホルダー。対する相手は2回り以上も小ささな身体とは言っても、僕なんか指一本で弾かれそうですぐっと力んで迎えた国技館初めての一戦は、僅か4秒程でした。

個人戦では一戦終える毎に、団旗回収 → 待機 を繰り返します。応援時間よりも、待機時間が圧倒的に長い。30秒応援して、10分以上待機といった調子。けれど緊張は解けません周囲には十数校の他大応援団がひしめき合っている。誰もが互いを意識していました。

 

そんな緊張の間隙を突いて、ふと3年生が僕らに手招きしています…

『 いろんな大学の応援が見られる。良い機会だから、お前らもよく見ておくんだ 』 と。

幹部が席を外していた僅かな時間でしたが、塹壕から敵兵陣地をのぞくように 他大学応援団をじっと観察することができました。恐らく彼等が下級生時代に感じた刺激を、僕らにも触れさせたかったのだと思います。

東都系 六大系 の応援の差異が目に付きます。折り目正しい統制重視の東都、多少の形は気にせず気合い重視の六大。応援団コンクール華やかなりし頃は、さぞ審査員もやり甲斐があったことでしょう。

 

 

 宿敵 日本大学 

団体戦が始まると、さらに重々しい空気が館内を漂います。個人戦と異なり、先鋒~大将まで5戦連続の応援形式に変わります。予選を通過した我が校も上位8校による決勝トーナメントへ。

 

目下の懸案は、その組み合わせ。みんな同じことを考えます。初戦の日大戦は避けたい …埼玉の高校野球で例えるなら、1回戦から浦和学院花咲徳栄に当たるようなものです( ローカルな例えでごめんなさい ) 。幸いにも我が校と日大は、決勝戦までは当たらないヤマでした。

団体戦は学生相撲の花。頂点をかけた応援は苛烈の度を極め、各団がむき出しの闘志。我々も譲るつもりはありません。階下の土俵戦士たちにもきっと届いていたはずでしょう。僕らの応援の結果かどうか分かりませんが、我が校は決勝戦へ。

 

対戦カードはもちろん、vs 日本大学ちなみに強化練習の想定戦では、1回戦から準決勝までは適当な他大学の名前で模擬エール交換。しかし 模擬決勝戦の相手は必ず 日大 と決まっていました。

当時の日大は最強軍団。我が校は例年2位 or 3位。全国トップクラスの一角とは言え、何としても彼らを倒す必要があったのです。究極的には 常勝日大の牙城を崩し、相撲部を優勝させるための前練習 だったと言えるかもしれません。

 

勝戦を迎え、静まり返る国技館…そして戦端は開かれました。我々からも自校と日大へエールが放たれます。『 あぁ、遂にここまで来たか…』 と。

相撲部同様に我々もまた、この戦いのために技を磨いてきた。幾度も練習を重ねた決勝戦。その光景が、目の前に広がっていました。

 

5名勝負の一戦一戦が非常に長く感じられる。しかし我が方の先鋒、二陣が立続けに倒される …強い。間髪入れず、僕らは次の選手へ応援を繰り出します。土俵に上がれなくても、あの場にいた我々全員が 勝たせたいという信念を武器に戦いました。

 

しかし3人目の中堅も接戦の末敗れ、大勢は決しました。残り2名が連勝しても、勝敗は変わらない。あるのはただ相撲部の奮戦への応援でした。団体決勝は 1対4。一矢報いたものの、数字だけを見れば完敗での準優勝。

試合後に、普段は聞き馴れない幹部のかすれ声を耳にしました。悲願の優勝には手が届かず …しかし前練習あればこその、手応えにも似た悔しさを感じていました。

 

 

 祭りのあと 

大会を終えた僕ら下級生は、夜遅く団室にたどり着きました。誰もいない休日夜の大学構内。宵闇と静寂の中で荷物を抱えて進む自分たち。僕らを出迎えてくれたのは所々にある自販機の灯りだけ。今回に限ったことではありませんが、経験した者にしか分からない下級生の哀愁があります。

 

解散の帰り際、2年の先輩に

 どうだ、強化練習から今日まで辛かったかだろう?』

 と訊かれました。僕は強がりを言うのは好きじゃない。だから正直に、しんどかったと答えました。それを確認した先輩は、うんうんと頷いていた。

そして お世辞にも綺麗とは言えない学ランのポケットから、そっと缶コーヒーを差し出してくれた。「 次も頼むぞ 」と言い残して。

 

深夜1時過ぎに帰宅。僕はおフロにも入らずふとんの中へ。気持ちの高ぶりまで持ち帰ってきたのか、なかなか寝付けない。目をつぶると、いつまでも国技館の歓声やエールが聞こえてくる気がしました。

 

…長かった相撲部応援がようやく終わろうとしていました。