読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

應援團戦記

大学応援団の日々を綴るブログ…あなたの大切な思い出は何ですか?

百花繚乱す  - 全日本学生応援団連盟祭 -

他大学応援団

 f:id:ina_1992:20161108142928j:plain

* 1996.11.23 大学2年時の連盟祭にて披露せる『 闘魂の拍手 』。写真の色が非常に悪い。カメラマンのおじさん、団旗の前に立たないでね。

 

応援団の競演 

ご存知の方も多いと思いますが、大学応援団には幾つかの連盟組織が存在します。

僕らが所属するのは、全日本学生応援団連盟。加盟校だけで見れば、全国最大規模を誇ります。我が校はその創立発起校。前身の東都大学応援団連盟の頃より、積極的に連盟活動を展開してきました。

 

11月末には加盟校が一堂に集まり、全日本学生応援団連盟 本部記念祭 が行われます。俗に “ 連盟祭 ” と呼ばれ、一般の方々に向けたリーダー公開や、団旗パレードが華々しく披露される。僕が1~3年だった頃は、新宿アルタ前にステージを設営し、新宿駅東口を応援団一色に染め上げていました。

 

応援団事情に明るい方々なら、東京六大学の “ 六旗の下に ” を想像される方も多いかもしれません。内容は近いものがありますが、僕らは 20校程の加盟校が参加する。タイムスケジュールは過密を極め、1校当たり15分の持ち時間しかない。それでも僕らにとっては、数少ない日の当たるステージ。緊張と共に、どこか楽しみな行事でもありました。

 

 

 大根と牛の人気者 

新宿で行われた連盟際の舞台裏は、結構大変。当日は新宿駅から比較的近い加盟校( 僕らの頃は 工学院大学学習院大学が数部屋を準備し、そこに荷物と人員を置きます。会場への行き来は徒歩。荷物置き場や待機室では、それぞれの大学の荷物番や上級生が頻繁に往来します。1年坊たちは誰彼構わず、すれ違う人毎に挨拶をしなければならない。中には同学年の者もいるかもですが、いちいち確認する暇はありません。迷う前に、即挨拶です。

 

一方で非番の者は、会場周辺で連盟発行のチラシ配りや、交通整理を行います。でもステージ上の応援団たちが気になって仕方ない。試合での対戦機会が全くない大学や、滅多にお目にかかれない遠方の応援団もいるからです。

 

数ある中で一番の盛り上がりを見せるのは、東京農業大学。観衆の方々から見れば、どの大学が出演中なのか判別は難しい。ですが  大根踊り青山ほとりの知名度は、それを苦にしない。必殺技を継承する応援団の独壇場です。

次いで毎年の人気を博したのは、酪農学園大学。少人数ですが、見事な司会口上と “ 乳しぼり ” の奇抜なリーダー( 大声とともに モミモミする動きで練り歩く)は、同期の仲間内でも語り草。ちなみに彼らの団旗の先端は、角を生やした牛頭を模した形状。大学の精神が形に現れています。

 

f:id:ina_1992:20161207134851p:plain

 * 1997.11.29 3年で迎えた連盟祭。季節外れの雷鳴と夕立に見舞われ、全身ずぶぬれで演じた『 白門の拍手 』。中央大学駿河台校舎の壮麗さと、質実剛健の意気を秘めた最終奥義である。

 

 

 闘魂は舞い降りた 

僭越ながら僕は2年、3年時と連続して特殊リーダーを任される栄誉に浴しました。団長としても校歌のメインに立ったので、都合3年連続でメインを振らせて頂く事が出来ました。

2年時に披露したのは 闘魂の拍手。 夏合宿で叩き込まれたリーダーです。ステージ上から見た 十重二十重の観衆は、やはりすごかった。連盟全校を結集しての一大壮挙。自分の名前や出身高校がアナウンスされ、その数分間を 末輩の我が身に与えられし感激。正に男子の本懐これに過ぐるもの無し。

後輩たちは初めての連盟祭。いつも通り落ち着けよ…と直前に言って聞かせましたが、どうしてなかなか堂に入った見事なサブ拍手でした。それは密やかな充実感。僕が1年だった頃よりも、彼らはよっぽど頼もしかった。

  

連盟祭ステージは昼前から始まり、18時頃まで続きます。入場料を払う催しでもないから、通行人の方々は思い思いに足を止め、応援団を肌で感じてくれる。僕らと少しでも身近に接し、こんな青春もあるのだと知ってくれたら … 派手な連盟祭だったけれど、僕らの意図は決して欲張ったものではなかった。

 

 

朋 遠方より来る 

全校が出演を終えると、お約束の懇親会が行われます。当時の連盟本部校たちは、粋な計らいを用意していました。学年ごとに懇親会場を仕切り、上級生に気兼ねなく交流を図れるようにしてくれたのです。

件の酪農学園の同期に、僕は少しだけ 乳しぼりの動作を教えてもらうことが出来ました。やはり即興の習得では如何ともし難かった。『 そんな搾り方じゃ、牛は喜ばないぞ ♪ 』と評価は手厳しい。彼はきっと、数多の “ 牛 ” を悦楽の果てに追いやったのでしょう…

 

時として、応援団員は大学内で疎外感を覚えることがある。自分で選んだ道とは言え、一般学生の嬌笑の中で沸いてくる寂しさもあった。志を同じくした連盟の仲間がいたこと、それは間違いなく幸せなことだったと思う。

来年はもっと技を磨いて再び会おう、連盟祭はそんな晩秋を告げる1日だった。

 

数日後に僕がリーダーを務める様子が、夕方の『 スーパーJチャンネル 』にて放映されました。インタビュー付きという破格の扱い。20秒程度だけど… 惜しむらくは今、自宅で録画したVHS再生ができないこと。

…過ぎし日は、心の中で思い返す程度がちょうどいいのかもしれません。

 

 

■ 以下は父が撮影した他大の写真です。2校だけありました( 当時の方々には懐かしいかも )。 f:id:ina_1992:20161207194548p:plain

* 箱根駅伝の雄、山梨学院大学応援団。観衆の男たちがいかつい…

 

f:id:ina_1992:20161207195423p:plain

* 東京農業大学全学応援団 一番長くTV放映されたのは、彼らのステージだった。